*

婚活で「ライバルと差別化」するための考え方

公開日: : 最終更新日:2016/06/14 婚活の知識

ライバル

婚活でライバルと差別化することの重要性

婚活をする時に、ライバルと差別化できるようなことをきちんとアピールできていますか。
婚活の場においてライバルと差別化するというのは非常に重要なことで、差別化できているからこそ相手の印象にも残りやすくなるのです。

せっかく連絡先を交換しても、覚えてもらえていなければ返信をもらえず、そこから何も進展させることができない可能性がありますよね。
そんな悲しいことにならないためにも、ライバルよりも良い意味で印象に残るように、差別化をする努力をしてください。

自分が差別化できるのはどこかを考えてみよう

差別化をすると言っても、どこで差別化をしたら良いのかがわからない方も多いのではないでしょうか。
自分がこう見られたいというような差別化は自分に合っていなくて失敗してしまう可能性があるので注意が必要です。

差別化をするなら自分に合った差別化をしていくことが大切です。

ファッション例えば、個性があるけれど自分に似合うファッションをする、自分が実際にハマッている印象に残る趣味の話をするといったことが差別化であると言えます。
まずは、自分にはどんな差別化ができるかを考えてみましょう。

印象に残りやすくて第一印象を決める要素でもある見た目の差別化

ネイル 婚活見た目での差別化は、特に印象に残りやすいですよね。
1対1で話すような婚活パーティーでは一人一人が印象に残りにくいですが、見た目で差別化できればフリータイムでもう一度話したいと思った時にも相手が自分を探しやすいでしょう。

見た目での差別化には服装髪型などがあります。
服装は清潔感がありながらも今年の流行を取り入れたり、自分らしいものをプラスしてみてください。
服装や髪型に関しては女性の方が個性を出しやすいですが、仕事帰りでスーツだという男性も柄などで流行を取り入れることはできます。

髪型も自分の髪の癖や頭の形などによって似合うものが違うので、差別化できるはずです。
女性は髪型も服装も選ぶ幅が広いので自分らしさをアピールすることもできますし、その時の服装によって印象を変えることもできます。

オシャレに自信がないという方は、いきつけの美容室で美容師さんなどに相談してみると良いでしょう。美容師さんの中には「パーソナルカラー診断」といって人それぞれに似合う色を選定する技術をもっている方もいます。こういうスキルのある人が身近にいれば・・・きっとお似合いのカラーを見つけてくれるはずなので洋服選びも一段と捗るでしょう。

●関連記事
婚活ウケする「オシャレなネイル」って?
婚活パーティーってどのような服装で行くべきなの?

悪い意味で印象に残らないように注意しよう

見た目での差別化をすることも大切ですが、見た目でマイナスにならないように気をつけたいですよね。
例えば、服装で差別化した方が良いとは言っても派手な服装や婚活の場に合っていない浮いてしまうような服装はNGです。

そのようなTPOに合っていないような服装をしていると覚えてもらえたとしても、「あの派手な人」など良い覚えられ方はしません。

良くない目立ち方をして覚えられるのは、印象に残らないよりも悪いことです。
良い意味で印象に残るように、最低限のマナーは必要です。
クラブなどではモテる服装でも、婚活の場では避けられてしまうことが多いということを、きちんと意識しておきましょう。

また特に男性に言えることですが、「爪が長い」や「髪の毛がボサボサ」「歯が汚い」などは致命的です。ファーストインプレッションで「私は不潔です」と言っているのと同様なので是非注意してください!

プロフィールカードでの差別化

プロフィールカード1対1の婚活パーティーはフリースタイルのパーティーよりもたくさんの相手と話すことが多く、一人一人の印象が残りにくいというデメリットがあります。

相手に覚えてもらうためには、プロフィールカードで差別化することが大切です。
プロフィールカードは基本的に自由な書き方をして良いものなので、できるだけ多くの欄を埋めて、一つは人とかぶらないような惹かれる内容を書きたいものですよね。

全部を個性的な内容にしてしまうとすごいと言われても実際には合わないかもという印象を持たれるかもしれないので、一つは旅行など男女ともに共感できるような趣味を書いておきましょう。

プロフィールカードと顔をセットで覚えてもらうことが大切

婚活ではプロフィールカードだけ覚えてもらうのも、顔だけ覚えてもらうのもダメです。
顔を覚えてもらうのに併せてプロフィールカードでこんなことを話して印象が良かった、話が合って楽しかったと思ってもらわなければなりません。

たくさんの人と話して一人一人のことをあまり覚えていない中でプロフィールカードと顔をセットで覚えてもらえるということは、ライバルと差別化できているか他の人と比べてかなり印象が良かったということにもなります。
カップルになることよりも先に、まずは覚えてもらえるように努力してみてください。

まとめ:ライバルと比較して良い印象を持ってもらうためにも差別化を

ライバルと比較して良い印象を持ってもらうためにはただ婚活の場に行くだけでなく、工夫することが必要です。
婚活に行く前に自分はどういったところで差別化できるか、どんなことをアピールしようかということを事前に考えておけば、短い婚活の時間でも焦ることなく上手くアピールすることができるでしょう。

ライバルと差別化するためには、ライバルにはどんな人が多いかを知ることも大切です。
婚活パーティーなどではライバルの服装や異性との接し方を見て、良いところは学ぶとともにそのままコピーになるのではなく、それを活かして自分がどういった差別化ができるのかを考えてみると良いでしょう。

女性は完全無料!男性も業界最安!で注目の婚活アプリは「ペアーズ」
フェイスブックを使ったマッチングで毎日続々とカップル誕生中。
私もこれで彼氏が出来ました。
カップル率高:ペアーズの登録はこちら

人気の婚活アプリランキング

関連記事

クリスマスシーズン

クリスマス時期って婚活需要が高まる?カップル成立のチャンス?

クリスマスに向けて恋人が欲しいと思う人も多い! 毎年、クリスマスが近づいてくるのに恋人

記事を読む

旅

婚活は自分磨きの旅(スキルアップしよう)

ただ婚活をするだけではダメ! 毎回の婚活を通して、きちんと何かを学んでいますか。 婚

記事を読む

ハイスペック男子

婚活女子に注目のハイスペック男子とは

ハイスペック男子ってどんな男性? 最近は自由に恋愛、結婚をすることができるようになりました

記事を読む

アニメ

「オタク」でも婚活して結婚まで行けるのか?

「オタク」はモテない!? 大好きな趣味があってオタクになるのは全くもって悪いことではあ

記事を読む

ライン

婚活中の「line(ライン)」をブロック・フェードアウトしたいなら・・・

婚活中に相手をブロック・フェードアウトしたくなる理由は? 婚活中に今やり取りしている相

記事を読む

カップル

婚活の並行?二股ってどこからがNGなの?

複数の相手を並行するのが婚活の常識!? 通常の恋愛なら、まだ交際をスタートさせていなく

記事を読む

婚活でモテる男女の条件

婚活でモテる男女の条件

婚活でモテる男性とは? 1対1で話す婚活でも、自由に好きな相手と話せる婚活でもモテる人

記事を読む

NGワードとは

婚活で注意が必要なNGワードとは

NGワードで質問すると婚活の成功から遠ざかる? 婚活では話題豊富な人の方が色んな相手と上手

記事を読む

婚活中のメールの頻度

婚活中のメール頻度ってどのくらいが適正なの?

婚活中は相手とメールを続けることが大切 婚活パーティーやネット婚活で知り合った人との関

記事を読む

男女のトーク

婚活時のしゃべり方ってずっと敬語?どこからタメ語?

婚活でのしゃべり方は敬語が基本! 婚活では敬語とタメ語(タメ口)のどちらでしゃべってい

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

メガネの女性
婚活にはコンタクトで行った方が良いの?

女性は男性よりもメガネ率が低い!その理由は? 婚活に参加

合コン
アラサー女子が合コン幹事をする時の3つの必勝法

色々と大変なことが多い合コン幹事 合コン幹事は人を集めて予定

婚活パーティー 中間印象カード
婚活パーティーで中間印象カードを書くポイントとは

婚活パーティーの中間印象カードって何? 婚活パーティーに参加

街コン
街コン終了後は気になる女性グループと再会して二次会をするのがおすすめ

街コン終了後はどうしてる!? 定番のお店を巡って2対2で

恥ずかしい
年上好きな男性が婚活で年上女性と出会うためには

婚活は年下好き男性×年上好き女性が婚活しやすくなっている!

→もっと見る

PAGE TOP ↑